BLOG

突然やってくる「別れ」にどう向き合うか?

約2年お世話になったジムのパーソナルトレーナーが独立するという話を突然聞き、少なからず動揺している。

独立した彼に付いていくという手もある。
しかし、今のジムは会社の目と鼻の先だし、ウェアもシューズもレンタルできるし、仕事が途中でもさっと抜け出して、筋トレしてから戻って仕事の続きができるというのは、相当恵まれた条件だから、このメリットを手放すにはそれ相応の理由が必要だ。

トレーナーが独立すると、会社から離れた駅のマンションの一室にあるような小さなジムを時間単位で借り、そこでトレーニングをする流れとなるようだが、それだと移動にも時間がかかるし、荷物も多くなる。シャワーもないジムでトレーニングするとなると、ハードルは増すばかりだ。

彼は独立すると少なくとも今のジムで働くことはできなくなるので、ここで一度お別れをしなければならないのかもしれない。

しかし考えてみれば、出会いがあれば必ず別れもある。
人生とはその繰り返しだ。

小学生の娘のバスケのチームも、6年生の最後の大会を終えたばかりだが、一緒に汗を流して戦った仲間たちは、別の中学に行けば別のチームに所属し、次に会うときははライバル同士だ。

一時は同じ目標を目指して頑張ってきた仲間も、それぞれの成長のスピードや方向性が違ければ、自然と離れていって別のコミュニティーに所属するなんて、人生にはよくあること。

誰にとっても「好きな人」との別れは辛いけれど、その日はいつか必ずやって来る。
そうなった時に、後悔しないためにはどうすればいいだろうか?

まずは、この世に「永遠はない」と割り切ることだ。
人生には幸せと苦しみが交互に訪れ、どちらか一つが永遠に続くことがないのと同じように、人間関係にも永遠はない。
これはすべての人間にとって当てはまる真理だから、受け入れるしかない。

そして、その人と出会った時から別れるまでの時間を「どう過ごしたか」によって、別れた後の想い出の質と量が変化するのなら、相手の心にいつまでも自分が残るように、その人に本気で向きあうことだ。

また、一度別れてもご縁があれば「また会える」と信じること。
いつか再会できると思えれば、それまでに「もっと成長している自分になっている」というコミットメントを自分自身に課すことができる。
そうやって物事をポジティブにとらえる人の所に、チャンスの女神がやってきたりするんだと思う。

何かを手放さないと新しいものが入ってこないように、別れが新しい出会いをもたらしてくれる。
そう信じて、大切な人にはいつも本気で向き合っていけば、別れも人生を素敵に彩るイベントになると思うのだ。

SHARE

TOP OF PAGE