BLOG

動画全盛時代にあえて「文章で勝負」する理由

現在は動画全盛時代だ。

Youtuberという10年前には存在しなかった職業に憧れる若者が後を絶たない。
紙のマニュアルはもはや読まれず、動画の解説を見て仕組みを理解するのが普通の時代になった。

インターネットで世界のどこにいてもリアルタイムに情報を受け取れるようになり、さまざまなプラットフォームで動画が配信され、その数は日々激増している。
俺の仲間の中にも、毎日動画を配信してビジネスを展開している人もたくさんいる。

そんな中、俺は毎日ひたすら文章を書いている。
「時代遅れなのかな」と思う時もあるけれど、文章には動画と違う別の力があると信じているから、最先端の動画ではなく、あくまでも文章でのメッセージにこだわっている。

動画の方が、テキストに比べ情報量が多いことは認める。
しかし、情報を発信するときに大切なのは、必ずしも量とは限らない。

文章は、物事の微妙なニュアンスを伝えたり、読者のイマジネーションを掻き立てたりと、映像にはない別の力がある。
そして俺はその力を駆使して、世の中に価値を提供したいと思っている。

動画とテキストにはそれぞれの良さがある。
だから、どちらがいいとか悪いとかではなく、これからは自分の発信したい内容に合わせて、この二つを使い分ける時代になったということだ。

実は最近、新しいチャレンジとして、あるWebメディアに経済記事を投稿するという取り組みを始めた。
先日ライターとしての登録手続きを終え、今記事を書いている途中なのだが、その際文章を書くという行為に対していろいろと感じることがあったので、今日はそれをシェアしよう。

まず、動画でライブ配信をすると後戻りはできないけれど、文章はとりあえず書いた後、いくらでも書き直すことがきるのがメリット。
例えば、自分の論点がずれてしまったときや、主張に一貫性がない時は、いつでも修正が可能なのは、動画配信にはない強みだ。

回りくどくなってしまった表現も、言葉を入れ替えたり重複している部分を削除をしたりすることにより、すっきりと整えることができる。

そして一番感じるベネフィットは、起承転結を意識し論理的に書く過程において、自分の思考がだんだんと整理されていくという点だ。

最初にあやふやだった主張も、校正を続けているうちに、自然とまとまって、ビシッと方向性が定まってくるから不思議だ。

これが動画だと、周到な準備を最初にしておかないと、どうしても行き当たりばったりになってしまい、自分が一番言いたいことが正しく伝えられないということが起こりうる。

俺が求めているのは、情報量ではなくメッセージの内容とクオリティーだ。
ある物事に対してそれを評価し、自分の意見や主張を入れることで、読者に新しい視点や気づきを提供し、それが価値になると信じてやっている。
小説家のようなに美しく洗練された文章にはほど遠いけれど、自分なりに言葉を選び、読者の想像力を掻き立てることで、何か気づきを得てもらうことこそが、俺が毎日書き続けるモチベーションになっているのだ。

俺もいつの日か動画デビューする日が来るかもしれないが、今は焦らず地道にテキストでやっていこうと思う。
テキストの需要も、まだまだ世の中にあるはずだと信じて。

SHARE

TOP OF PAGE