BLOG

モテリーマンは、異性以外にも「気遣える」

時間は消費するものではなく、産み出すもの

俺はパラレルキャリヤーとして複数のビジネスを展開しているので、「やるべきこと」や「やりたいこと」が相対的に多く、一日の時間の使い方には結構シビアな方だと思う。
それでも会社では本業に集中しなければならない。だからダラダラと仕事をするのではなく、高いパフォーマンスで仕事をこなし、誰よりも結果を出して涼しい顔してさっさと帰り、残されたプライベートの時間を有効に使うことが毎日の目標となっている。
昼休みは健康と見た目に投資する筋トレタイムだから、自分のビジネスや趣味のために使える時間は、家に帰ってから寝るまでの数時間しかない。(早起きはどうしても苦手だ)

ではその残されたプライベート時間でどんなことをしているのかというと、家族との食事、風呂場でのいろんな自分磨き、個人的なメールの返信、民泊の客への対応、翌日のスケジュールの確認、コンサルの準備、エネルギッシュになれる動画の鑑賞、動画の途中でなくなってしまったティッシュペーパーの補充、経費の精算、歯間ブラシで歯茎を鍛えることなどで、その活動は多岐にわたる。
そして最近毎日更新しているブログはいつ書くのかというと、帰りの電車の中が圧倒的に多い。

移動時間に投資したグリーン車で募るストレス

電車の中でパソコンを使って文章を作成するには、グリーン車に乗って座席とテーブルを確保する必要があるのだが、これは40分を780円で買うための時間への投資だ。
しかし、このお金を払って乗り込んだグリーン車の中でも、俺にとってはストレスフルなイベントが起こることが時々ある。
俺の使う湘南新宿線のグリーン車は、通路を挟んで左右が2席ずつの2階建て車両が2つある。
その中の少なくない乗客が、横並びの2席の片方に荷物を置いていることが多い。つまりその人たちは1人で2つの座席を使っているわけだ。
俺と同じ東京駅から乗り込む乗客は、まず窓側と通路側の横並びの2席とも空いている列の窓側の席を確保し、そこが全部埋まると、次に荷物が置かれていない通路側の席を求めていく。
そうやってだんだん車内が混み合ってきても、1人で2つの席を使っている客のほとんどが、荷物を自分の膝の上や棚に移そうとはせず、「我関せず」という態度なのだ。
後で乗り込んできた客が他に空いている席を見つけられず、「ここいいですか?」と聞くまで、荷物を座席に置いたまま、素知らぬふりをしているおじさんがなんと多いことか!

「それってどうなのよ?」と俺はいつも思いながら、その光景を観察している。
俺の感覚では、席が空いていようとなかろうと一人一席が基本なので、よほど重い荷物を運ぶとか特別な事情がない限り、どんなに車内が空いていても隣の席に物を置くことは考えられない。
でも、このグリーン車ユーザーのわりと多くの人たちが、「自分さえよければそれでOK」という自己中心的な考えの持ち主のようなのだ。
780円を払っているグリーン車の乗客たちは、快適な空間をお金で買ってを利用したいと思っている人たちで、席を空けてもらうためにわざわざ知らない人に「ここ空いてますか?」と声をかけるのは、ストレスでしかないだろう。

モテリーマンの条件は気遣いができること

自分のことしか考えず、2席分を一人で独占するような人は、そもそもモテる以前に人間として「何かが足りない」と思うのは、きっと俺だけじゃないはずだ。
モテリーマンは、気遣いも上手だ。混雑している車内で、一人で2席も使っていてなんとも思わないような人は、どんなに身だしなみを整えていてもモテるわけがない。
モテリーマンは、自分には厳しく、周りの状況は素早く察知し、他人には気遣えるという総合力を身につけていなければならないからだ。
ちなみに、たまに見かける車内でキーボードの音をバシバシたたいて仕事できるアピールをする行為も、マナー違反だ。
俺は車内でノートパソコンを使ってこれを書いているが、ピアニストのように正確なキータッチで、美しい音楽を奏でるようにキーボードをそっと打ち、周りに音で迷惑を掛けないよう、いつも心がけている。
自分本位にならず、周りにも目を向ける余裕をもち、気遣うこと。「モテリーマン」にとってこれらは、当たり前のことなのだ。

SHARE

TOP OF PAGE