BLOG

「Web通帳」に対応していないメガバンクがあるなんて

確定申告のためにまとめて記帳

お金の管理を上手にするためのTIPSとして有名な、口座を目的別に分ける方法。
我が家も何年も前からそれを取り入れている。

法人用、個人用、不動産事業用、生活費用と分けていた口座に加え、子どもの学校関係の引き落としで必要な指定金融機関の口座などを合わせると、その数は両手で数えても足りない。

銀行口座を目的別に使い分けるのは、お金の管理の面では便利なのだが、問題は定期的な記帳をしなければいけないこと。

数ヶ月間記帳をせずにいると、明細が一行にまとめられてしまい、後から確認したくても、入出金の詳細が分からなくなるという問題がある。

俺の場合これは致命的で、確定申告の資料として税理士さんに出す資料には必ず全取り引きの明細が必要になるから、2ヶ月に1回、各銀行を回って記帳するということをこの数年続けてきた。

しかし時代は変わり、今はすべてがオンラインに移行している。
Web上で過去数年分の入出金が確認できるなら、もはや紙の通帳にこだわる必要もない。
そう考えて、今年はより多くの時間を産み出すため、すべての銀行で紙の通帳からオンライン通帳に変更するという目標を立てた。

オンライン通帳に対応していないメガバンク

しかし、この変更をしようとして分かったことがある。
今の時代に、まだオンライン通帳を導入していない金融機関があったのだ!
規模の小さい地方銀行の話ではない。
誰もが知っている青い銀行だ。

オンラインで取引が確認できるのは過去最大3ヶ月分。
それ以前の分は、通帳に記帳をしないと確認できないなんて、不便すぎる。

顧客のニーズにそったサービスが提供できないのに、ATMの手数料は引き上げるとか言ってるから、もうこの銀行口座は解約することにした。

ネット銀行は便利だが、口座振替に注意

当たり前だけどオンラインバンクは、明細もすべて電子化されている。
パスワードの桁数を多くし、2段階認証を有効にすれば、オンラインバンクのリスクなんてほとんどないと思っているから、メガバンクを解約してオンラインバンクで全く問題がない。

むしろオンライン銀行の方が各種手数料は安いし、振り込みは土日も対応してるし、条件をクリアすればコンビニでも無料で引き出せるし、めちゃめちゃ便利じゃないか!

(要注意!オンラインバンクの中にはクレジットカードの引き落とし口座が指定できないものもある。)

よりよいサービスをより安く提供しているのだから、知名度や規模にとらわれることなく、オンラインの金融機関を使わない手はないのだ。

SHARE

TOP OF PAGE