BLOG

Twitterのフォロワーは増えなくても良い

少し前に美容師さんから紹介してもらった「今影響力のあるTwitterアカウント」をいくつかフォローしたら、その途端にいきなり自分のアカウントにもフォロワーがどんどん増え、びっくりしたことがある。

その日は俺が何もツイートしていないのに、1日で30人~50人くらいのフォロワーが増えたと思う。
今までTwitterはほとんど見ているだけで自分ではあまり発信してこなかったから、これにはとても驚いたのだが、先日フォロワーの数を確認したら、また元の数に戻っていた。

その影響力のあるアカウントたちは、「副業で稼ぐ」系で、俺と主張は似ているのだが、彼らはほとんどが商材販売を目的としており、その内容は「あなたも簡単にネットで○○円稼げる!」という感じのものだ。

一方俺は、自分では何も商材を売っていないから、メルマガの内容を少し加工して、Blogに再アップしたものをTwitterに流しているだけだ。
それを見て一時的に増えたフォロワーたちはみんな離れていったのだと思う。

「コイツの話は儲からない」

確かにその通りだ。

俺の話は「○○円稼ぐ!」よりずっと地味で、すぐに儲かるようなものではない。

一時的に儲ける商材ではなく、一生使える本質的な話をしているつもりなので、短期で結果を求める彼らとニーズが合わないのは仕方がないのだ。

俺がメルマガを毎日発信している理由は、「書くことによって自分のモチベーションを上げるため」と、「読んでくださっている方々との関係作り」のためだ。

おそらく大半の方が、電子書籍をきっかけにメルマガに登録してくださり、解除しないで毎日読んでくださるのは大変ありがたいことだ。

実はメルマガの発展させた内容の書籍を、来年出版するために今活動中だ。
今度は電子書籍ではなく、本屋に並べる商業出版を目指している。
その時に、読者の方に書店で俺の本を手に取って頂きたくて、毎日メルマガを配信し続けているのだ。

メルマガを配信している何人かの友達に聞くと、だいたい開封率は約30%だそうだ。
でも俺のメルマガの開封率はなんと50%以上。

メルマガを受け取っている半分以上の方が、毎日時間を取って俺の文章を読んでくれている。

Twitterのフォロワーが増えるのは嬉しいけど、数だけ増やしてもなんの意味もないと思った出来事だった。

SHARE

TOP OF PAGE