BLOG

今年のふるさと納税、どこに寄付した?

年末の足音が近づいてきた。
俺の会社のビルのロビーにも、でっかいクリスマスツリーが置かれ、街は一気にクリスマスムードだ。
そして人事部からは年末調整の書類が届いた。
きっと皆さんのところにも来ているだろう。

年末調整では過払い分の税金が還付されて、毎年12月の給与明細はいつもより少し手取りが多くなり、ちょっと嬉しい気分になるのは、きっと俺だけじゃないはずだ。

さて、年末の忙しさが本格的に増す前の、この時期にやっておきたいことがもう一つある。
それは、「ふるさと納税」だ。

書籍にも書いたが、これは自分の応援したい地方自治体に寄付ができる仕組みだ。
その寄付が所得から控除され、結果税金が安くなる。
かかる費用は手数料の2000円のみ。
これだけなら、2000円を払って、自分の住むところ以外の自治体を応援するだけの制度だが、ポイントはその後だ。
この寄付をすると、寄付先の自治体からお礼の品を受け取れるという特典があるのだ。

お礼の品は各自治体によっても、寄付金額によっても違うので、しっかり選びたい。

年末が近づくにつれ、今年の自分の所得がどのくらいになるか、予測が立てやすいだろう。
自分が寄付すべき金額は、年収や家族構成、副業のあり/なしで大きく違うが、どのふるさと納税サイトでも、寄付金の上限を計算ができるツールが備わっている。

12月までにこの制度を使わなければ、今年の分の寄付金はできなくなってしまい、お礼を受け取るチャンスが消滅してしまう。
そうなる前に、どこに寄付をするのかを考え始めよう。
「知っていてもやらなければ知らないのと一緒」だ。
このチャンスをみすみす逃すのは、もったいなさ過ぎるよ。

SHARE

TOP OF PAGE