BLOG

エアビーOKで地理的条件の良い部屋を探すのは、至難の業

俺がエアビーを始めるまでのストーリはこちら

エアビーを始めるにも、まずはゲストに貸し出す部屋を調達しなければならない。
しかし仮に、自分の希望するエリアで気に入った賃貸物件を見つけたとしても、民泊をやるためには基本大家の許可が必要だ。
俺は自分も大家だからシンパシーを感じるのだが、法律解釈もグレーな民泊を、自分の所有物件でやられることに抵抗がある大家が多いのは、直観的に理解できる。

エアビーで泊まったゲストとマンションの住人の間で何らかのトラブルが発生すれば、入居者の退去やマンションの価値の低下にもつながりかねない。
昨年はエアビーに泊まった海外のゲストが、マンションのベランダから転落死するという事件も起き、いったんトラブルが発生すると大家にとってのダメージはとてつもなくでかい。

そんな訳でエアビー可能な物件は、元々オモテの市場にはあまり出てこないのが現状だ。
それに対してエアビーの人気は加熱する一方。
需要と供給のバランスから見ても、大家が民泊をOKしている部屋の賃料は、近隣の相場に比べて高くなるのは必至のことだった。

これは言い換えれば、大家がエアビーを許可している部屋は、空室期間が長く客付けに苦労していたり、エアビープレミアムを上乗せされ相場より高い金額に設定されているなど、何かしらの理由が隠れている可能性が非常に高いということだ。

さあ、どうしたものか?

俺が最初にとった行動は、知人に紹介されたエアビーの代行会社に問い合わせをすることだった。
代行会社によっては、その会社にエアビーの代行業を依頼することを条件に、民泊可能な物件を紹介してくれる。
しかし俺が何度問い合わせを送っても、その会社から全く返事が来ない日が続いた。一元客ではなく、その会社のサービスを利用している知人の紹介にもかかわらずだ。やっとのことで物件情報が送られてきた時には、俺の興味はこの会社から消えてしまっていた。

次に行ったのはエアビー可能な物件を紹介してくれるメールサービスに有料で登録することだった。
結構ハードルが高い金額だったが、これも将来のための先行投資だと考えて即決で申込み。
ここは定期的に新しい情報を出してくるが、賃貸契約する際に紹介料として更に1ヶ月をこの紹介者に支払う必要があることがわかったのは、メ-ルサービスを契約した後だっだ。
仮に家賃が10万だとして、敷1礼1保障会社1当月家賃1翌月家賃1仲介手数料1で考えると、契約だけで60万。
そしてこの謎の紹介料が10万プラスされ、はい70万。
更に家具、家電、食器、備品もろもろを購入し、それとは別に水道ガス、インターネット回線の契約も必要になる。
100万円を貯めるのはすごく大変だが、使うのなんて一瞬なのだ。

エアビーを自分の物件以外で始めようとすると、誰もがこの壁にぶち当たる。だからほとんどの人は、結局自分の気に入った物件を何食わぬ顔で賃貸契約し、そこで無許可のエアビーを始めてしまう。
これを読んでるあなたも、心当たりがあるのではないだろうか?
実際俺が知っているだけでも、無許可でエアビーをやっている事例は、両手で数えても足りないほどだ。

でも俺の場合はちょっと違った。ひょっとしたことからその物件がエアビー可能だということを知り、その部屋を代行業者を通さずに、街の不動産屋で直接契約したのだ。業者を通すとその分手数料を支払う羽目になるが、俺はその部屋を一番良い条件で契約することができた。タッチの差で別の業者に持っていかれる所だったが、即決即断が功を奏した。

これは常にアンテナを張って情報収集を怠らずにしていたからこそできた技だ。チャンスが来ればいつでもバッターボックスに立てるように毎日素振りをしていなければ、美味しい情報が目の前を通ってもそのことにすら気づかず、結果そのチャンスを棒に振ってしまうことになる。

こうして俺は新宿のど真ん中に、家賃18万ちょっとでエアビー第一号となる部屋を契約した。2015年の12月半ばの事だった。

つづく

SHARE

TOP OF PAGE