BLOG

パラレルキャリアの始め方 ~副業ではなく複業で稼ぐ~

複業のための第一歩の踏み出し方

●二つの視点を意識して働く

会社は依存するものではなく、渡り歩くものという覚悟を持ったなら、次は今までの働き方をどう変化させ、自分のキャリア構築に役立てていくのかを考えなければならない。それには二つの視点が必要だ。一つ目は、他社でも通用する人材になることを目指すこと。もう一つは、安定した収入を得ている間に、パラレルキャリアのベースを構築しておくことだ。ここでは、後者のパラレルキャリアの構築にフォーカスして話を進めたい。

●今の仕事と世の中のニーズをマッチング

複業でどのようなキャリアを構築するかを選ぶ際に「これがやりたい!」というものをすでに持っているのならば、何も言うことはない。しかしほとんどの人にとって、ここが最初の関門となる。「自分にできることは何もない」とか、「自分よりもっとできる人が周りにたくさんいる」などと考えてしまい、せっかく何かしたいと思いついたとしても萎縮してしまうからだ。しかし恐れることはない。あなたが今やっている仕事を少しだけ広げたら、世の中のニーズとマッチさせることはいくらでも可能だ。
例えばプログラマーという職業。自分より早くエレガントに複雑なプログラムを書ける人は、周りにたくさんいるかもしれない。一方世の中には、ちょっとしたプログラムで作業を自動化したいが、シンプルなコードを書ける人がいないという悩みを抱えている企業や人は多い。プログラマーなら、そういう人たちを助けることができるかもしれない。
または営業のプロ。自分の営業スキルの極意を一般化し、それを言葉に落とし込むことができれば、自分の経験を絡めることにより、あらゆる若手営業から話を聞きたい存在になれるかもしれない。
ちなみに自分の例で言えば、金融業界で培ったお金の知識と自分の投資経験をからめてお話ししたり、外資系のシビアな環境で経験してきた働き方から得られた知見を世の中に伝えることでビジネスが成り立っている。金融のプロなら世の中にすごい人はたくさんいるが、あえてサラリーマンの経験者からタイムリーな話が聞きたいというニーズは、以外にも多いものなのだ。

●パラレルキャリアが人生を複利でまわしてくれる

自分のできることと世の中のニーズをマッチングさせれば、少し工夫するだけで人の役に立つことはいくらでも出てくると思う。そして、今の会社で副業が禁止されていても、無料でサービスを提供していけば、会社の規定に抵触せずに実績を積むことができ、いつでも本格的なビジネス展開ができるように準備をしておくことができる。すぐにお金にならない無形資産の積み増しは、やろうと思っても一朝一夕で手に入るものではない。そして会社以外での人との出会いがやがてキャリアを広げていくことにつながっていく。
今の自分の仕事や興味は、将来変わるかもしれない。そして世の中のニーズも時代とともに変わっていく。だから複業の内容も途中で変わっていい。「一生これで食べていける」なんていう仕事は、幻想でしかないのだ。だからまずは何でもいいから小さく始めて、やりながら最適化をしていくことだ。チャレンジしたという事実や実績が自信につながり、そこで出会った人たちから新しいチャンスが広がっていくのは、人生を複利でまわすということそのものなのだ。

SHARE

TOP OF PAGE